ペーパークラフト「グランピアノ」

ペーパークラフトを作ってみた。名前は「ぐらんぐらんぴあの」 触るとぐらんぐらん揺れる、、、、、 ふたの内側に、ネコかネズミか、ひそんでいる。 A4のクラフト紙にプリントして、調律カバンの中に入れてあるので、 小さい子が居たら一緒に作ってあげようか。

続きを読むread more

くまもん募金箱

先週、ピアノ調律師協会関西支部総会があり、 九州支部への義援金を募金しました。 総会終了後、手作り工具や、使わなくなった道具など、フリーマーケットを催し、十数万円が集まりました。 僕は手作り道具と、自作の横笛を出品しました。

続きを読むread more

吹奏楽の

先日、ある大手ピアノ業者の披露パーティーで、 淀工の丸谷先生にお会いできました。 愛情豊かに吹奏楽を通じてご指導をされる先生に、直接お会いするのは初めてですが、スーザホンで甲子園の行進に出場経験のある兄や、淀工出身のトランペットをやっていた知人の話しをさせていただき、うれしいひと時でした。

続きを読むread more

よんよんコンサート終了

4月4日は「国際ピアノ調律の日」です。 1993年ロンドンで開かれた「国際ピアノ製造技術調律師協会総会」 で定められました。AprilのAが調律の基準音A(ラの音)と同じであり、 Aの周波数が440Hz(国際基準音)であることを由来としています。 (パンフレットより) 今回も多くの方にお越しいただき、ありがとうございました。 …

続きを読むread more

焼きパプリカ

先週のカレーのサラダは 黒焼きパプリカ(冷ましてから焦げをむくと大丈夫) アボガド、プチトマト、エビ、レタス、にシーザーサラダドレッシング。 キーマカレーと市販のナンは僕の定番になりつつあります。ビール(発泡酒)はサッポロの極ZERO-香りのゴクゼロ-糖質、プリン体、人口甘味料ゼロ。ビールとはちょっと違う味ですが、疲れたと…

続きを読むread more

調律かばんのフィルムケース

調律師が何人かで一緒に仕事する機会があると、道具入れのかばんや中の道具類をよく見せ合いっこする。 僕のカバン写真中央、四角い空き缶の中に小さいねじや滑り粉などが入れてある昔のフィルムケースがあるのですが、今はもうデジタルカメラの時代ですので、フィルムケースなんぞはあまり手に入らないようですね。 若い調律師に珍しがられ、気が付きま…

続きを読むread more

よんよんコンサート2016

第16回よんよんコンサートが大阪のいずみホールであります。 一般社団法人日本ピアノ調律師協会主催で、 440(ヨンヨンゼロ)とか442(ヨンヨンニー)とか、 ピアノ調律時のピッチ設定の(ヨンヨン)を4月4日はピアノ調律の日としているわけですが、 今回は4月3日(日)に行われます。 去年も私が調律に伺っているお客様限定で少し…

続きを読むread more

ルーローハン(魯肉飯)

きのうの昼ごはん 豚肉を塩茹でして先週食べたのを、半分冷凍保存していました。 きのうはサイコロに切って、砂糖、醤油、酒、生姜、五香粉、 冷蔵庫にさやいんげんが残っていたので、それも一緒に炒めて、 アツアツのご飯に乗っけてガッツリいただきました。 ワカメスープはインスタント、きゅうりとクラゲのお酢の物は、 ヨメが作った夕べ…

続きを読むread more

アップライトピアノを倒す

手作り道具の自慢です。 アップライトピアノの解体修理にどうしても必要なのが、 ピアノを横倒しにする台です。 使わない時は、たたんで隅のほうにしまって置き、 使う時には広げて、 一人でも楽に倒せて、 キャスターも付けて有るのでピアノを移動でき、 この状態で解体や張弦がしやすくなります。 専門の工具屋さんで買…

続きを読むread more

追悼コンサート

昨日の仕事は、追悼コンサートのピアノ調律で神戸に行きました。 入口のガラスにピアノと僕が写っていたのでパシャ! そのあと時間があったので、神戸市役所24階展望室にあがり、 震災追悼行事の準備中、東遊園の1.17竹灯篭をながめました。 21年前は神戸で勤務していたので、いろいろな想いが 頭の中をかけめぐりました。 …

続きを読むread more

えびもち

新年あけましておめでとうございます。 ささやかな餅つきをしました。 炒った干しエビのいい香り。 フタにくっついて、竜巻のようになりましたが、 うまくのし餅におさまりました。

続きを読むread more

凧作りワークショップ Gallery & Space SIO

息子の知り合いで 以前僕もピアノと絵画のライブで古いピアノを運び込んだ所が、 お正月を目前に凧作りワークショップを開いてくれた。 彼らのフェイスブックとやらで知り合いを募ってくれて15~6名集まり、 秋田湯沢の「まなぐ凧」を初心者向きにアレンジしたのを作り、 お正月3日に揚げる予定です。 場所は淀川河川敷公園、新…

続きを読むread more

ピアノ調律用手作りダブルウェッジ

ピアノ調律に使う道具を時々手作りします。 3本ある弦の片方の振動を止めて、音を聞くのに使いますが、 今まで普通にあったのはシングルウェッジで、左右2本の音を止めるのには、 二つのウェッジを使ったりします。 今回硬い目のバックチェックフェルトを折り曲げ、先端をくさび型(ウェッジ)にそぎ、 凧糸で縛り(僕の道具は凧糸が…

続きを読むread more

ミニアコーディオン papernica(ペパニカ)

アコーディオンのメンテナンスをされている岡田路子さんに ピアノ調律師協会のワークショップで教えていただきました。 綺麗な紙で蛇腹を折って、オルガンやハーモニカに入っているリードという発音体などのパーツをうまく貼り付けて行き、ペパニカというフリーリードのミニアコーディオンを作りました。 みんな、一つ一つ音が違うので、メロディ…

続きを読むread more

鍵盤の看板

わたしの仕事場の看板ですが、 鍵盤をよく見ると、レとラが抜けています。 ド、ミ、ファ、ソ、シ、ド、地味に沖縄音階なんです。

続きを読むread more

ヒッチハイク

先週は広島~山口方面のピアノメンテナンスに出張でした。 途中のサービスエリアで一息入れていると、「すみませ~ん、ヒッチハイクですが」と声がかかった。 次のサービスエリアまでならOKと、そば食って腹ごしらえして、送った。 東京から博多方面に行きたいと言ってた、話を聞くとミュージシャンを目指している? 曲作りに少し行き詰っている…

続きを読むread more

長崎ぶらぶら

長崎へ行ってきました。 一番の目的は、長崎伝統の凧(ハタ)の勉強と購入ですが、 先ずは原爆資料館などを見学。いろいろな国からも来ておられました。 そのあと町の食堂でチャンポンを食べ、坂本龍馬さんの亀山社中記念館をみて、 小高い丘、風頭公園(かざがしら)を縦断したら、小川凧店が有ります。 坂の長崎ですから、ここまで来るだけで…

続きを読むread more

大人の遠足行きました

先月の第3日曜 姫路で播但線に乗り換えて、香呂駅下車、日本玩具博物館をめざして 東へトコトコ案内表示通りに歩くと、15分くらいで着きました。 正面入り口入るとすぐ真上に山口県見島の鬼ようずという大きな凧があり、 左の壁には長崎県のバラモンも飾ってありました。 今回の遠足はバラモン凧を作った作者もいっしょに来ました。…

続きを読むread more