テーマ:ピアノ

ギザギザ付き10円玉

すごく久しぶりの調律を依頼されました。 まずは掃除からはじめると、鍵盤の下には10円玉が落ちていて、 年代を見てビックリ! 昭和29年のものです。 私が生まれたのも昭和29年、1954年でした。 10円の周囲にぎざぎざが刻んであって「ギザじゅう」とも言うらしいですね、 きれいにぬぐって、お客様の小学生の女の子に渡すとに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューヨークスタインウェイのペダル分解

調律師から電話で問い合わせが時々あります。 「ニューヨークスタインウェイのペダルがガタガタ揺れているので修理しようと思うけど、 硬くて外しにくい」 ハンブルクスタインウェイとかヤマハ、カワイのペダルはペダル箱ごと外すのですが、 NY-Steinwayの場合割と簡単に、ペダル金属部分だけ外すと直せるのを知らない人が多いようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校のピアノ動き出す

新型コロナウィルス予防の自粛が徐々に解除され、6月から学校が動き出す前にピアノ調律依頼がありました。 一台の古いアップライトピアノは、私と同じくらい60数年前の製造番号です。土足のままで使われているためか右ペダルがすり減って穴があいていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グランドピアノの前框(まえかまち)

スタインウエイは外せませんが、 チューニングピンが深く隠れているグランドピアノで、 前框を外して調整、調律がしやすくなるのが有ります。 お客さんは「え、そんな所まで外して調整するの?」 とビックリされます。 弦が切れた時、張弦作業もしやすいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

携帯用 ミニ膠

8月末は、1週間休業してしまった。 (ご迷惑おかけしたお客様、すみません!) 38度の熱が出て、オシッコの出が悪く、激痛と脂汗! 急性前立腺炎との診断、5日間ぐらいで何とか戻り、 やっと携帯ショップへ行ったり、道具の手入れしたり、 9月から連続する出張に備えることが出来ました。 カバンに入れる「携帯用ミニ膠パック」の在庫が無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍵盤下のほこり

何年もあいていると、 鍵盤の下には埃や消しゴムのカス、 髪の毛、ネコの毛、クリップ、なんやかんや、 いっぱい詰まっていました。 ブラシと掃除機できれいにしてから、 調律しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錆びた工具?

サビサビのニッパー ベルギーに旅行した知人のおみやげでした。 錆びたチョコレートはおいしかったです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象牙鍵盤のバフ研磨

白くてピカピカだった象牙鍵盤が30年もすると、 黄いろくなって艶もくすんでしまう。 今回は、過酸化水素水やオキシドールで漂白をしなくても、400、600、800、のサンドペーパーで研磨してからバフかけするだけで白くピカピカに戻りました。 写真の機械は専用のバフではなく、安モンのボール盤を横に倒して使いました。 布バフと鍵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グランドピアノのダンパー調整

日本のメーカーではあんまり出ない故障ですが、 外国のメーカーで時々出る症状でした。 ダンパーワイヤーが通る金属パーツが、木部の中でゆるみ、ワイヤーが通る穴が横向いて、ワイヤーが通らなくなってしまいました。つまんで抜き正しい位置に戻すと普通になるけど、いちいち外すのはほんとにめんどうでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メトロノームをバラした

振り子が左右に「コッツ、コッツ、コッツ、・・・・・・・・」 と同じタイミングで動くはずが、左右長さが違って「コッツ、コーッツ、コッツ、コーッツ」 片寄ってしまう。 でバラした。 ピアノを男の子が練習しているが、乱暴に落としたりして、ずれてしまったらしい。 ドライバーの先が指しているねじを緩めて下のプレートを中央に戻したら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象牙鍵盤

久しぶりに象牙鍵盤の修理です。 はがれやすい象牙の裏面に、ノコの折れ刃で細かい傷目をつけてはがれにくく加工。 にかわに酸化亜鉛をまぜた「白膠」で接着。 専用プレス台にくさびでプレス、鉄板は電熱器で温めておき膠がすぐに冷めないようにして。 ずれないように木づちでこつんと締める。 コツが要り、むつかしいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノ調律体験

親戚のピアノ、しばらく調律してなく調子が悪いので見に行った。 ずいぶんピッチが下がって気持ち悪いのを2時間ほど、 3回ピッチ上げとほこりの掃除で、まあまあ普通に弾けるようになりました。 吹奏楽をやっている二人の娘たちも熱心に見学していましたが、 私のいたずら心で、「さあ、代わってやってみるか」とチューニングハンマーを持たせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポータトーン

弦を張り終わったあと、 ピッチを上げていく作業を、チッピングと言います。 ピアノの音階に近づけていくのに、 昔手に入れた「ポータトーン」で音を鳴らして、 弦をはじきグイーンとピッチ上げしてます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年のごあいさつ

うちの玄関にチェレスタがやってきました。 譜面台に乗せているのは、現代音楽の楽譜 ではなく、干支のイノシシに大国さんがまたがって、 打ち出の小槌を振っている、という色紙です。 皆さんに、うちにも、福がたくさん来ますように。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャンパングラス

シャンパングラスが届いた。 日本のスタインウェイ技術者の集まりが出来て20周年の記念品。 ドイツの有名なメーカー製品だとの事で、スタインウェイのロゴも入ってます。 今夜は手ごろな価格の発泡ワインでも飲んでみます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍵盤鉛の腐食

学校コンサートの早朝調律、 鍵盤の動きが何かに引っかかる!おかしい!! 鍵盤にはタッチ重さ調整用に、鉛がはいっていますが、 湿度が高い場所や、海の潮風が強いところなどで、 たまに鉛が腐食して膨らみ、隣の鍵盤に擦れての不具合が起こります。 あまり時間は有りませんが、鍵盤をバラバラに外して、 膨らんだ鉛を削り取り、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪音大、周辺の写真 その4

阪神高速空港線沿いにあったK号館は もう跡形もなく取り壊されて、更地になっていました。 新しく建てられたこちらに 博物館級の楽器も移されたのでしょうか。 手前の運動場は、うちの子も通ったくりのみ幼稚園です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリックボール

ピアノの弦を外してチューニングピンを抜く作業です。 ピンにはねじ切りがしてあるので、クリックボールという工具を逆転させてピンを緩め、 緩くなったらドリルの逆転モードで一気に抜いてしまいます。 クリックボールの先端工具は交換して、フレームボルトの大きなねじを外すのにも使います。 また、右のハンドドリルは手作りで、穴あけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羊と鋼の森

ピアノ調律師が主人公の 本が映画化されて、6月に公開されます。 ぜひご覧ください。 http://hitsuji-hagane-movie.com/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪音大、周辺の写真 その3

さすが音楽の街庄内! 大音の北にある「野田中央公園」案内板の北を示す図が弦楽器。 ベンチのあるあずまやの明り取りもこんなです。 もう一つ面白い物ありました。 パイプの穴をポンポンたたくと、ドレミの音が鳴ります。 ほんの少~しピッチ低かったです。 (後ろにあるレンガ色の建物はニュースによく出てくるモリトモです) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪音大、周辺の写真 その1

早朝に散歩します。 桜が満開ですが、これはシバザクラ。 花壇の縁取りには鍵盤がついていました。 大音からミレニアムホールに続く道です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノも凧も

今年もどうぞよろしくお願いします。 家から歩いて1分の所に仕事場があります。 「ちょっと仕事場に行ってくる」 というと、 「ピアノか?凧か?」 ヨメが言う。 どちらも一生懸命がんばります!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にかわなべ

ピアノの部品接着に膠(にかわ)をよく使います。 鍋に湯を沸かして、内側に小さい容器で膠を湯煎して使います。 百円均一ショップで買ったステンレスや、アルミの容器ですが、 数年使っているうちに小さい傷から腐食が進み、 穴が開いてしまいました。 膠の濃さを湯で調整するので、湯がどんどん入って来ては薄くなりすぎてくっつきません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アップライトピアノのハンマー穴あけドリル

穴あけドリルは0.1mmきざみで太さをそろえています。 植わっている棒(シャンクという)がメーカーによっては5.2mmくらいから6.0mmくらいまで、 太さがちがうので、グラグラのまま膠付けしても、打鍵の強いショックでカチャカチャ緩むのを防ぎます。 ドリル先端の三つ目加工も、木製ドリルケースも自作しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふれあいコンサート

小学校の体育館で ピアノと室内楽数人そして歌を囲んで、子どもたちが音楽を楽しみました。年に数回調律にかかわらせてもらい、コンサート終了まで僕も楽しんできました。 先週姉がホスピスでいよいよ最期を迎えようと、家族交代で見守るため、1週間ほど仕事を休んでいました。葬儀もすませ昨日からの仕事再開で、いいコンサートにふれあえました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちっちゃい椅子

ピアノ調整仕上げ用の、小さい椅子です。 鍵盤の高さを調整する時しゃがみ込むのですが、 お風呂場で使う低い椅子でもいいけど、 子どもがもう大きくなって、使わなくなった手作り椅子を再利用しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーモアさんと、大人のための人生入門

ピアノ教師のドキュメンタリー映画。 去年10月ころから全国各地で上映していたようなのですが、 大阪でも、十三のシアターセブンで、今週10日(金)まで、 11:25~12:50上映しているそうです。 観に行こ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電動ウインチより手動チェーンブロック

調律師協会新春の集まりがあり、 同業者どうしの情報交換が楽しみです。 グランドピアノの鉄骨を外す時、200 kgほども重さがあるので、 機械を使いますが、電動ウインチを使うと、少し始動させる時、 ガックンと動いてしまい、微調整しにくいし、 少し下げたりする時、へたすると指を挟む大事故につながる恐れが有ります。 手動チェー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more