ピアノも凧も

今年もどうぞよろしくお願いします。 家から歩いて1分の所に仕事場があります。 「ちょっと仕事場に行ってくる」 というと、 「ピアノか?凧か?」 ヨメが言う。 どちらも一生懸命がんばります!

続きを読むread more

天孫降臨

初孫が10月に誕生しました! 母体の体力回復と、ジィーとバァーをメロメロにさせる為に、 しばらくうちに滞在しています。

続きを読むread more

にかわなべ

ピアノの部品接着に膠(にかわ)をよく使います。 鍋に湯を沸かして、内側に小さい容器で膠を湯煎して使います。 百円均一ショップで買ったステンレスや、アルミの容器ですが、 数年使っているうちに小さい傷から腐食が進み、 穴が開いてしまいました。 膠の濃さを湯で調整するので、湯がどんどん入って来ては薄くなりすぎてくっつきません。 …

続きを読むread more

アップライトピアノのハンマー穴あけドリル

穴あけドリルは0.1mmきざみで太さをそろえています。 植わっている棒(シャンクという)がメーカーによっては5.2mmくらいから6.0mmくらいまで、 太さがちがうので、グラグラのまま膠付けしても、打鍵の強いショックでカチャカチャ緩むのを防ぎます。 ドリル先端の三つ目加工も、木製ドリルケースも自作しました。

続きを読むread more

ふれあいコンサート

小学校の体育館で ピアノと室内楽数人そして歌を囲んで、子どもたちが音楽を楽しみました。年に数回調律にかかわらせてもらい、コンサート終了まで僕も楽しんできました。 先週姉がホスピスでいよいよ最期を迎えようと、家族交代で見守るため、1週間ほど仕事を休んでいました。葬儀もすませ昨日からの仕事再開で、いいコンサートにふれあえました。…

続きを読むread more

ちっちゃい椅子

ピアノ調整仕上げ用の、小さい椅子です。 鍵盤の高さを調整する時しゃがみ込むのですが、 お風呂場で使う低い椅子でもいいけど、 子どもがもう大きくなって、使わなくなった手作り椅子を再利用しています。

続きを読むread more

なんか急にパエリアが食べたくなった

お米と玉ねぎを炒めて、蛸、エビ、あさり、サラミ、トマト缶、 オリーブ、パプリカ、キノコ、どんどんぶちこんで、鶏がらスープの素、 そして、なんかカレー味で食べたかったので、ハウスのカレー粉も入れて、 ぐつぐつ煮込んで、味見、クレイジーソルトで、塩味調整して、 米の芯が少し残り加減で水分もおじや位に残して、 赤ワイン飲みながら食べ…

続きを読むread more

電動ウインチより手動チェーンブロック

調律師協会新春の集まりがあり、 同業者どうしの情報交換が楽しみです。 グランドピアノの鉄骨を外す時、200 kgほども重さがあるので、 機械を使いますが、電動ウインチを使うと、少し始動させる時、 ガックンと動いてしまい、微調整しにくいし、 少し下げたりする時、へたすると指を挟む大事故につながる恐れが有ります。 手動チェー…

続きを読むread more

連凧作り

年末に頂いたハム詰め合わせの木の箱を 子ども用凧セットの糸巻き用に再利用して、 連凧は一枚づつでもプレゼントすれば、 今度のイベントで喜んでもらえるでしょう。

続きを読むread more

謹賀新年

伊勢神宮に行きました。 風宮(かぜのみや、風や雨、農作物にかかわる神をおまつりしているとの事) しっかりお詣りして来ました。 今年もどうぞよろしくお願いします。

続きを読むread more

ピアノハンマー交換修理~のり紙の作り方~

ピアノ技術者でないと、何の事かわからないでしょうが、 ハンマー交換をした後、弦を正確にまっすぐ叩けるよう、 紙を張り付けたり削り取ったりして微調整を行います。 その作業に使う紙を業界用語で(のり紙とか、走り紙)とか言い、 貼り付ける時にペロッとなめてツバではなく、膠の接着力を利用して貼り付けます。 ストックが少なく…

続きを読むread more

レーニッシュ

先週修理が完了して納品を済ませたアップライトピアノは、 製造番号を調べると、1895年~1899年ごろにドイツのライプチヒで作られた、 レーニッシュというピアノでした。 外装の木目はすごくきれいに整っていたのですが、調律が出来ないほどにチューニングピンがゆるくなっていたり、 弦が乗る駒にはいくつもひび割れがあり、解体して木工…

続きを読むread more

ピアノカバーの補修

家庭用ピアノでは見た事ないですが、 学校やホールでは、ピアノカバーが破れたりして放置されているのをよく見ます。 見つけたら調律する前にざっくり繕っておきます。 以前、音楽大学でたぶん学生さんが繕ってくれたんでしょうね、 おまけにカバーの前がわかるように花柄のワッペンを縫い付けてくれていたのにはニッコリホッコリしました。

続きを読むread more

ピアノハンマー穴あけ治具

ピアノ修理に使う道具を時々手作りします。 今回は弦をたたくハンマーヘッドにシャンクという棒を取り付ける穴をあける時の角度を決めるための治具です。 もう20年くらい前に作ったのが傷んできたので、少しコンパクトに、よりきれいに仕上げようとしました。 完成品はこちらです。

続きを読むread more

浮世絵を見に神戸へ

神戸市立博物館では28日まで ボストン美術館所蔵の、歌川国芳、歌川国貞の浮世絵(錦絵)が展示されています。 凧の絵によく描かれる歌舞伎や水滸伝などの参考になっているので、(僕は描けませんが) 本物が見られるのは絶好のチャンス。 昔お会いしたことのある凧絵師橋本禎造さんは、 歌川国芳の流れを引き継いでいるとのことでもあり、 …

続きを読むread more

文楽を観に行きました

大阪の国立文楽劇場 金壺親父恋達引 かなつぼおやじこいのたてひき ゆうべ観に行きました。 人形浄瑠璃もおもしろいのですが、 三味線や鳴り物の方がどうも気になり、 そっちばっかり見ていると、 演奏の合い間に三味線の弦をささっと交換しているではありませんか! その速さはすごいです。 すぐにそっと音を合わせ、なにごともな…

続きを読むread more

息子の結婚

もう一か月以上すぎました、5月に息子が結婚しました。 おととし、勤めていた会社を突然辞めて、一年くらい世界一周してくると言い残し、 どうなる事かと心配もしましたが(いえ、まだまだ心配は尽きません) 彼女もよくガマンして、待って居てくれました。 写真はカメラマンに無理を言って、アビーロード風のアングルを撮影しようとしているとこ…

続きを読むread more